言葉遣いに気をつける

言葉遣いに注意

風俗店はサービス内容が特殊ではありますが、接客業の一つです。そのため、「サービスをしてあげているからタメ口でOKでしょ」というわけにはいきません。言葉遣いには十分気をつけなければならないのです。ただ、言葉遣いに気をつけると言っても高級ホテルのような丁寧な言葉遣いだけが求められているというわけではありません。お客さんによって言葉遣いを使い分けることができてこそ、一流の接客なのです。
例えば、すごく紳士的なお客さんが丁寧な言葉を話しているのに女性はタメ口…。これでは確実に男性は不快な思いをしてしまいます。逆に、すごくフランクに話してくる男性に対して堅苦しい丁寧語で話すと、男性は心を開いてくれていない…と思ってしまいます。

風俗店のコンセプトにもよりますが、相手が気持ちよくサービスを受けるためにも相手に合わせた接客が必要です。もちろん、初対面の人に対してどのような接客が良いのかはわかりません。最初は誰に対しても丁寧に接し、相手の様子をみてみましょう。そして徐々に相手の話し方に合わせていくのです。そうすることで、相手は徐々に自然な姿をみせてくれます。男性が「この女の子といると話しやすいな…」と思ってもらえることができれば、指名にもつながり、高収入を得ることができます。

相手に合わせることが難しいという人は、当たり障りがないように丁寧すぎず、フランク過ぎないように話すことを心がけると良いでしょう。お店の中でもナンバーワンの稼いでいる女性を見れば、十分接客の勉強になります。どういった言葉でお客さんと接しているのか?見て真似ることで自然と良い接客ができるようになります。
正しい言葉遣いが難しい…そう思う女性も要るとは思いますが、あまり気にしすぎず、「自分がお客さんだったらどのような接客を受けたいか」ということを念頭に置いておきましょう。