デリバリーヘルス

デリバリーヘルス

近年、風俗の中でも無店舗型という営業形態をしているお店が増えました。というのも、風俗の規制が厳しくなったのです。以前までは風俗の規制がゆるくて店舗型風俗の営業をする風俗店が大半でしたが、規制が厳しくなったことで店舗での営業がむずかしくなり、お店を閉めるところもりましたが、規制がゆるい無店舗型へ流れ込んできたのです。
店舗型の風俗は深夜営業が禁止されていますが、無店舗型の場合には深夜の営業がOKです。そのため、24時間営業しているお店もあります。

無店舗型風俗にも色々なジャンルがありますが、最もポピュラーなのは「デリバリーヘルス」とよばれるジャンルです、デリバリーヘルスというのは略してデリヘルと呼ばれており、風俗嬢を男性のいる場所まで運び(デリバリー)します。派遣する場所は、主に自宅、ラブホテル、ビジネスホテル、シティホテル、レンタルルームとなります。
ただ、ホテルの場合は風俗嬢の派遣NGという場合もありますので、男性客はどこにいても利用できるというわけではありません。また、最近のデリヘルでは自宅はNGでホテルだけOKというところもあります。

デリバリーヘルスの仕事内容ですが、基本的にヘルスと呼ばれるお店とサービス内容は同じです。オールヌード、キス、フェラチオ、手コキ、素股が基本サービスに含まれており、恋人プレイがメインとなります。
最近のデリバリーヘルスは、一般的な恋人プレイをコンセプトにしているお店だけではなく、デリバリーでSMプレイができる、エステサービスが受けられるというお店も増えています。つまり、同じデリバリーヘルスというジャンルでも働くお店によってサービス内容が大きく変わってきますので、デリバリーヘルスで働く場合には、しっかりとお店のコンセプトを確認しておくことが大切です。

また、デリバリーヘルスで働くメリットというのもあります。デリバリーヘルスの場合、自分の好きな時間に働ける、わざわざお店まで行かなくても自宅待機できるところがある、自宅近くのエリアをNGにしておくことができる、毎回違う場所でのサービスとなるので飽きることがないという魅力があります。また、店舗へ行く必要がないことから、風俗業で働いていることがバレにくいです。そのため、初めて風俗業界で働くという女性に選ばれることが多いです。

最も主流となっている風俗ジャンルなので、お店の数も多いです。お店の数が多いということはそれだけ選択肢があるということです。自分にぴったりなお店がきっと見つかることでしょう。